ページの先頭です。

本文へジャンプする

ページの先頭です。 本文へジャンプする



ここから本文です。

N-05E USBドライバ



本ドライバをインストールしたPCとN-05Eを接続することで、PCとN-05Eで通信を 行うことができます。 例えば、USB PC Link機能を利用してN-05EのデータをPCにバックアップしたり、USBテザリング機能でデータ通信をしたり、Android向け開発環境を用いて作成したアプリケーションをPCからN-05Eへインストールすることができます。

【ご注意】

  • 本ドライバは、N-05E用のPC Link機能/USBテザリング機能/ADB USBドライバです。


本USBドライバは日本電気株式会社が無償(別途通信費等は必要です)で提供しております。 ご利用頂くに当たり、お客様は技術サポート、保守、機能改善等が提供されないこと、並びにダウンロードする際の通信費はお客様のご負担になること他を定めた「使用許諾書」の全ての項目にご同意頂いたものといたします。


【重要なお知らせ】


※ N-05EのUSB接続モードをカードリーダモードに設定して、Windows 7 (32bit/64bit) PCと接続を行った場合、フォーマットを要求するメッセージが表示される場合がある。


N-05EのUSB接続モードをカードリーダモードに設定して、Windows 7 (32bit/64bit) PCと接続を行った場合、以下のようなフォーマットを要求するメッセージが表示される場合があります。

ドライブ X: を使うにはフォーマットする必要があります。
フォーマットしますか?

このメッセージが表示された場合でも、内蔵ストレージもしくはSDカードのドライブは正しくフォーマットされており正常に利用可能ですので、[キャンセル] ボタンをクリックし、フォーマットをキャンセルしてください。

このメッセージを表示させないようにするには、Shell Hardware Detection サービスを停止して下さい。

注:Shell Hardware Detection サービスによるその他の通知機能も同時に停止されます。
Shell Hardware Detection サービスの機能については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

System Services (英語情報)
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dd349799(WS.10).aspx


本文はここまでです。

本文の先頭に戻る ページの先頭に戻る






ページの終わりです。 本文の先頭に戻る ページの先頭に戻る

ページの終わりです。

本文の先頭に戻る ページの先頭に戻る