ページの先頭です。 本文へジャンプする

ページの先頭です。 本文へジャンプする



ここから本文です。

【CA-01C】HDMI®接続確認機器リスト

[2011年7月現在]


メーカー 機種名 備考
HITACHI
L42-ZP05
L32-HP05
Mitsubishi LCD-40MZW300

Panasonic TH-P50VT2 ※2※3
TH-37LZ75
※2
TH-32LX80
※2
TH-26LX75S
※2
Sharp
LC-40LV3

LC-40SE1

LC-46RX5
※2
LC-32DS3
※2
LC-32GH1
※2
SONY
KDL-32BX30H
※1
KDL-22EX300
※2
KDL-46HX900
※2
KDL-32F5

KDL-46X

KDL-40LX900
※1
KDL-40NX800
※1
KDL-46F1

KDL-40X1

KDL-40J5000
※1
XEL-1
※1
TOSHIBA 37Z1
※2
42RE1
※2
47ZH8000
※2
46ZX9000
※2
46ZH7000
※2
37ZV500
※2
37Z3500
※2

※1 TV側リモコンでの操作ができません。
※2 TV側リモコンにて一部操作ができません。
※3 「接続状態を確認してください」という表示が出た後に、接続される場合があります。

  • 上記の表は、当社確認のHDMI対応機種一覧です。
  • 上記機種との接続を保証するものではありません。また、機種によっては確認後に仕様変更等が行われ、情報が変更になる可能性がありますので、ご了承願います。
  • 上記接続機器は販売終了している可能性がございます。詳細は各機器メーカへお問い合わせください。
  • 各機種の操作方法等については、各社にご相談ください。
  • HDMI出力開始時、接続するテレビによっては入力が切り替わらず映像が出力されない場合があります。その場合、テレビのリモコンなどで入力を切り替えてください。
  • HDMI出力中にHDMIケーブルが抜けてしまった場合、しばらくするとHDMI出力が終了します。
  • 音声電話やテレビ電話の着信、iモードメールやSMS、iコンシェルのインフォメーション、エリアメールを受信したとき、アラームの通知、電池切れ状態になった場合などは出力を終了します。
  • HDMI出力中にFOMA端末を開閉してもクローズイルミネーションやボタンの照明は点灯しません。
  • お使いのテレビによっては3D表示にしても、あまり立体的に感じられない場合もあります。
  • ケーブル接続処理中にケーブル切断を検出するとそのままHDMI処理が終了(LCD表示に戻る)ことがあります。その場合は最初からやり直してください。
  • 3D対応TVで3Dコンテンツを見る際、サムネイル画面⇔3Dコンテンツ切り替えの際にTVの表示が乱れることがあります。

本文はここまでです。 本文の先頭に戻る ページの先頭に戻る

ページの終わりです。 本文の先頭に戻る ページの先頭に戻る

ページの終わりです。 本文の先頭に戻る ページの先頭に戻る