ページの先頭です。

本文へジャンプする

NEC

NEC 携帯電話



ここから本文です。

その他機能

その他機能

便利機能

「クイックボタン」で、よく使う機能を一発起動

クイックボタンに、ハンドミラーやスケジュールなど、よく使う機能を割り当てることができます。割り当てた機能はクイックボタンワンプッシュで一発起動。やりたいことがスピーディに行えます。

ハンドミラーやサイトなどを一発起動!
◎気になる株価情報をワンタッチですぐ確認できる。
◎Twitterやmixiを設定すれば、すばやくアクセスできる。
◎お気に入りのゲームや、よく使う地図をすばやく起動できる。

●N-01Cはハンドミラーが初期設定されています。
割り当てられる機能

「Audyssey」の最新音響技術搭載

Audyssey(オーディシー)
スピーカ再生時、クリアでひずみがなく、長時間聴いていても疲れない耳にやさしい音を実現。また番組とCM間の音量を自動で一定に保つ技術など、ワンセグや音楽をより自然な音で楽しめます。

■「Audyssey(オーディシー)」とは?
オーディシーは世界有数の先進的オーディオ研究機関を母体として設立された革新的な音響技術の開発会社です。オーディシーの基本理念は「人為的に音を加工するのではなく、音質を阻害する要因を取り除くことで高音質化をはかる」ものであり、その技術は家庭用のテレビやテレビ放送局、映画館などのプロ用オーディオシステムや、世界中で愛用されている高級AVアンプ、プレミアムカーオーディオシステムに採用されています。

ドルビー®モバイル

ドルビー®ならではの臨場感!
映画館などでも使われているドルビー社のサラウンド技術を用い、ステレオソースからサラウンド音場を生成、ホームシアターの臨場感あふれるサラウンドサウンドをヘッドフォン(別売)で再現します。

なめらかワンセグ 

なめらか映像60fps
30fpsのワンセグ映像に中間フレームを補間し、最大60fpsに変換(※)。よりなめらかな動きを実現します。また、「Audyssey(オーディシー)」や「ドルビー®モバイル」といった音響技術で、クリアで臨場感ある音で番組を楽しめます。

※あらかじめ設定が必要です。

●「ワンセグ」サービスの詳細については、社団法人デジタル放送推進協会のホームページ(http://www.dpa.or.jp/)などでご確認ください。
●NHKの受信料については、NHKにお問い合わせ下さい。
●ワンセグ放送は利用環境によってノイズが入ったり、受信できない場合があります。

音声クイック起動

待受画面から音声で機能を呼び出して実行することができます。利用したい機能がメニューのどこにあるのかわからないときや、利用したい機能をすばやく起動させることができます。

音声クイック起動の流れ
●音声入力について
音声クイック起動では利用したい機能の機能名を発声する以外に、利用したい機能のキーワードを発声することでも起動することもできます。

■利用したい機能の機能名を発声する
・「電卓」……電卓が起動します。
・「ワンセグ」……ワンセグが起動します。

■利用したい機能のキーワードを発声する
・「計算」……電卓が起動します。
・「テレビ」……ワンセグが起動します。
・「アドレス交換」……赤外線でプロフィールの送受信が起動します。

■利用したい機能のキーワードを複数発声する
・「写真 見る」……マイピクチャが起動します。
・「メール 問合せ」……メール問合せが起動します。
・「スケジュール 4月25日」……その年の4月25日のスケジュールが表示されます。
・「○○さんにメール(※)」……○○さん宛の新規メール作成画面が表示されます。

※電話帳に登録している名前を発声してください。同じ名前を複数登録している場合は電話帳の一覧が表示されます。

その他キーワード一覧はこちらから
>>キーワード一覧ダウンロード(PDF形式、125KB)

【おしらせ】
◆起動する機能が特定できない場合には、「使いかたガイド」で候補を検索します。
◆音声を認識しづらい場合は下記に注意してお話してみてください。
 ・少し大きな声でお話いただくか、マイクに近づいてお話してみてください。
 ・音声入力開始時をはっきりとお話いただくと認識しやすくなります。
◆ご利用になる環境や話し方によって認識結果が異なる場合があります。

ゲームから便利ツールまでそろった、プリインストールiアプリ 

●アプリによってはすべてのコンテンツをお楽しみいただくにはアップグレードが必要な場合があります。
アップグレードにはiモード情報料および別売の外部メモリー(microSD™カード/microSDHC™カード)が必要な場合があります。
各ゲームをご利用いただくには「パケ・ホーダイ ダブル」などのiモードパケット定額サービスをご利用ください。

安心機能

シークレット機能を強化

内緒にしておきたい着信や発信、メールの履歴などをしっかりガードします。


■フォルダのシークレット化と自動振り分け
受信BOX、送信BOX内のユーザ作成フォルダに対して、シークレットに設定することができます。さらにフォルダに自動振り分け設定できるので、メール受信すると自動的にシークレットに設定した指定フォルダに保存されます。


■変換予測・学習機能をOFFに。
シークレットモード中は文字変換予測・学習機能をOFFにします。
よく使う単語を見られたくないときに!


■着信・発信履歴を残さない。
シークレット登録した相手の着信・発信履歴を残しません。
●シークレットモード/シークレット専用モードに設定すると閲覧可能になります。

ecoモード設定で電池長持ち

電池残量によって、照明・音・画面について、電池消費を抑える設定に一括で変更されます。電池の残量を節約したいときに有効です。

■ecoモード
電池残量によって、照明・音・画面について、電池消費を抑える設定に一括設定で変更されます。電池の残量を節約したい時に便利です。
ecoモードと証明設定
■照明設定
● ディスプレイの照明設定が選択できます。
・ 点灯時間設定:5秒/10秒/15秒/30秒/60秒
・ 省電力モード待ち時間設定:15秒/30秒/1分/3分/5分/10分
●メール受信時の輝度を微灯にしました。

使いかたガイド

ケータイの使いかたを確認できるガイド機能を搭載。使いたい機能を検索したり、調べた機能をそのまま起動ができるので、さらにケータイが使いやすくなります。

セキュリティ機能で安心

■ロック機能も充実!
ICカード利用中に一定時間が経過すると自動的にロックがかかります。
ICカードロック中にICアプリを起動する場合も暗証番号入力で使えます。

■オリジナルロック
個人情報のロックが簡単に行えます。
2種類個別に登録できるので、用途や目的に応じて使い分けることができます。

■ICカード認証
お手持ちのICカードで、ロック解除が簡単に行えます。

■メールシークレット
電話帳と連動して、メールの閲覧を制限することができます。

■顔認識機能 Neo Face
自分の顔がパスワードの代わりになる、顔認証機能を搭載。
NeoFace
■あんしんdocomo
ドコモ「あんしん」ミッション みんなが、安心を、携帯できる世の中へ

クイック検索

クイック検索の画面
サイト閲覧中やメール画面などからiモードやフルブラウザでの検索、辞典検索など、ダイレクトに検索できるクイック検索を改善しました。

●MULTIキーからも起動できる。
●タブ表示にし、見やすく。
●クイックボタンに割り当てれば、さらにすばやく検索できる。

クイックインフォ®

テロップでお知らせ
さまざまな画面で、メール着信時に送信者名や題名などをテロップでお知らせします。

●あらかじめ設定が必要です。

サービス&機能

サービス&機能
※通信速度は送受信時の技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。
ベストエフォート方式による提供となり、実際の通信速度は、通信環境やネットワークの混雑状況に応じて変化します。
送信時最大5.7Mbpsに対応したエリアについて詳細はドコモのホームページをご確認ください。FOMAハイスピードエリア内であっても、場所によっては送受信ともに最大384kbps通信となる場合があります。FOMAエリア内でのFOMAハイスピードエリア外においては、送受信ともに最大384kbpsの通信となります。

●FOMAカード(青色カード)はご使用できません。対象カードをお持ちの 場合は、ドコモショップ窓口にてお取替えください。

オプション品

オプション品
※1:ご利用には、イヤホンジャック変換アダプタ P001、外部接続端子用イヤホン変換アダプタ 01が必要です。
※2:ご利用には、外部接続端子用イヤホン変換アダプタ 01が必要です。
※3:USB HUBを使用すると、正常に動作しない場合があります。
※4:ご利用には、FOMA車載ハンズフリー接続ケーブル 01が必要です。
※5:日本国内で使用してください。
●店舗によってお取り扱いしていないオプション品があります。

キーオペレーション

キーオペレーション

デスクトップアイコン

お買い上げ時のデスクトップアイコン

背面ディスプレイの表示

背面ディスプレイには、電話やメールなどの着信やアラーム通知などがメッセージや画像、アニメーションで表示されます。

背面ディスプレイの表示例

データリンクソフト



はN-04Bとの比較です。

本文はここまでです。 本文の先頭に戻る ページの先頭に戻る




ページの終わりです。 本文の先頭に戻る ページの先頭に戻る