ページの先頭です。

本文へジャンプする

NEC

NEC 携帯電話



ここから本文です。

改善ポイント(2)

改善ポイント(2)

N-01A、N-02A、N-03Aからの改善内容をご紹介します。
外観・ハードウェア
男性にも合うデザインの折り畳みスリムケータイがほしい。
男性でも違和感無くご利用いただけるデザインとなっています。
イルミネーションがキレイで大満足なので、今後もイルミネーションを搭載してほしい。
Wオーロライルミネーションを搭載しています。
カメラ
撮影した写真をその向きに従って保存してほしい。
撮影した向きに従って保存するよう改善しました。
カメラのライトをつけてほしい。
高輝度LEDフラッシュを搭載しました。ライトとしてもご利用いただけます。
メール
メール作成のレスポンスを速くしてほしい。
メール画面の起動や文字入力のレスポンスがさらに向上しました。速い&賢い変換やデコメ絵文字のすばやい表示など、メール作成や返信がさくさく行えます。
メール受信時に誰から届いたメールかすぐにわからない。
クイックインフォに対応しているので、メール着信時にすべての画面で誰からのメールかテロップ表示します。
テロップでお知らせ
受信BOXを開く前に新着メールが何件あるのか知りたい。
待受画面に受信件数が表示されるようになりました。
受信件数表示
メール送信時に電波が圏外で送信できなかったメールを、圏内になると自動で送信してくれる機能がほしい。
対応しています。
メール送信後に表示される「送信しました」の画面を、自動で閉じるようにしてほしい。
対応しています。
文字入力
文字変換を賢くしてほしい。
人名、アーティスト名を中心に変換辞書の強化を行いました。また文字入力エンジンも大幅に強化しています。
サイト閲覧
サイト閲覧時に表示されている文字をコピーできるようにしてほしい。
対応しています。 ※サイト側の設定でコピーできない場合があります。
ブラウザのスクロールをサイドボタンではなく、ソフトキーでスクロールできるようにしてほしい。
通話ボタンを押すと、ソフトキーでもスクロールできるようになります。
ソフトキーでのページスクロール
画面メモをSDカードに保存できるようにしてほしい。
対応しています。
サイト閲覧時に前のページに戻る時、毎回ページを読み込んで戻るため、時間がかかる。毎回読み込まなくても戻れるようにしてほしい。
基本的にはN-01A、N-02A、N-03Aで既に対応しております。ただし、サイト側の設定で端末内にキャッシュを残さないようにしている場合は、前のページに戻るたびに毎回再読み込みが発生します。
その他
電池の持ちが悪い。
電池残量によって、照明・音・画面について電池消費を抑える設定に一括変更できるecoモードを搭載しています。
電池残量をパーセントで表示してほしい。
電池アイコンにカーソルをあてていただくことでパーセントの表示が可能です。
電池残量確認画面
フォントの種類が少ないので、フォントをダウンロードして設定できるようにしてほしい。
文字フォントのダウンロードに対応しました。「みんなNらんど」からダウンロードが可能です。
ダウンロードできるフォント
アプリ使用中に新着メールがわかるようにしてほしい。
クイックインフォに対応しているので、メール着信時にすべての画面でテロップ表示します。
ecoモードに設定すると、内蔵の待受画像になってしまい、自分で設定した待受にならない。
ecoモード設定中でも、電池残量が21%以上の場合はユーザが設定した画像を表示します。残量が20%以下の場合のみ、電池のもちをより長くするよう、一時的に内蔵の待受画像に変更します。
クイックアルバムの対象範囲を自分で指定できる機能がほしい。他人に見られたくないSDカード内の画像などまで閲覧できてしまう。
フィルタリング機能を搭載しているため、条件を設定することで表示する範囲を指定できます。 なお、N-01Bよりクイックアルバムはなく、メディアスビューアが搭載されています。
microSD™カードにフォルダを増やして、デコメ絵文字などを保存したい。
microSD™カードへのフォルダ作成が可能になりました。またデコメ絵文字を直接microSD™カードへ保存することも可能です。
microSDHC™カードに着うたフルを保存できるようにしてほしい。
microSDHC™カードはサポートしており、着うたフルも保存可能となります。
2GBまでのmicroSD™カードだけでなく、より大容量のmicroSDHC™カードでもSD-Audioを使えるようにしてほしい。
大容量(16GB)のmicroSDHC™カードでもSD-Audioをご利用いただけます。

このページのトップへ


本文はここまでです。 本文の先頭に戻る ページの先頭に戻る




ページの終わりです。 本文の先頭に戻る ページの先頭に戻る