ページの先頭です。 本文へジャンプする

ページの先頭です。 本文へジャンプする

ここから本文です。



製品情報

カメラ

暗いところでもキレイに撮れる!

ISO3200高感度モード 暗い場所でも明るくキレイに撮影できる

ISO感度を最大3200相当に設定できる高感度撮影モード

  • ISO感度を最大3200相当に設定できる高感度撮影モードを搭載。薄暗い部屋の中での撮影など、明るく撮ることができます。
  • ●高感度撮影モードでは内側カメラは利用できません。
  • ●対象撮影サイズは「2M」と「フルスクリーン」となります。
  • ●ISOとはフィルムの感度を表す値であり、数値が大きくなるほど感光度が増し、暗い場面でも撮影することができます。

撮影ライト 被写体を明るくする

被写体を明るくキレイに

  • 背面のレンズの横には、大型のライトを搭載。暗い場所での撮影はもちろん、逆光時も安心して撮影できます。

いろんなシーンで使える便利な機能

手ブレ&被写体ブレのダブルブレ補正 ブレやすい暗い場所でもしっかり補正

被写体ブレ補正 6軸手ブレ補正

  • 暗い場所での撮影や動きのある被写体もブレずに撮影できます。
  • ●撮影状況によっては手ブレ補正/被写体ブレ補正できない場合もあります。

ついてくフォーカス™ 被写体を自動で追いかける

ピント合わせが簡単! 動く被写体をタッチでフォーカス指定!

  • 撮影画面内の撮りたいものを指でタッチするだけで被写体を自動認識し、ピントと露出を合わせます。動くものにフォーカスがついていくので、ペットなどの写真が簡単に撮影できます。
  • 例えばこんな時に便利 ・ペット撮影 ・スポーツ観戦での撮影 ・子供の撮影
  • ●「ついてくフォーカス」で撮影できるのは、カメラモードが「フォト」「クイックショット」の時です。
  • ●画像サイズの設定が「フルHD」「フルスクリーン」以外はフルスクリーン表示にはなりません。

ついてくフォーカスなら

顔検出オートフォーカス

5人まで検出可能

  • カメラを被写体に向けると、人物の顔を検出して自動的にピントを合わせると同時に、最適な明るさに調整してくれます。また、優先してピントを合わせたい人物の顔をタッチで選択できます。
  • ●撮影モードが「オート」「人物」「逆光」「スマイル」「美肌」「シーンOFF」で、画像サイズがフルスクリーン以上のときに利用できます。
  • ●撮影状況によっては顔検出できない場合があります。

スピードムービー®

スピードムービー®

  • QVGAサイズで120fpsのハイスピード撮影した動画をスローモーションで再生できるスピードムービー。再生時のフレームレートが30fpsから15fpsになったので、さらにスローモーションで再生できます。テニスやゴルフなどのフォームチェックなどに便利です。

240度パノラマ撮影

  • カメラを水平移動させるだけで240度のパノラマ撮影が可能。最大3,328×480ドットの写真を撮影できます。

高音質AAC対応

  • 地上デジタル放送にも使われている高音質のAAC方式に対応。撮影した時の臨場感を高画質と高音質の組み合せにより、迫力満点で楽しめます。

簡単ブログアップ機能

  • 掲載先のアドレスをあらかじめ登録しておくことにより、撮影した写真や動画を、簡単操作ですばやくSNSやブログにアップすることができ便利です。

タッチパネル

  • 撮影はもちろん、設定やフォーカス指定もタッチパネルで直感操作。撮影した画像の拡大/縮小も指先ひとつで行えます。

静止画も動画もスピーディーに検索&閲覧!

メディアスビューア™ 写真と動画をまとめて表示

  • 自分で撮った写真や動画を1つのビューアでシームレスに閲覧できるから、いろいろな思い出を簡単に楽しく振り返ることができます。
  • このページをご覧になるにはJava Scriptを有効にするか最新のFlashPlayerが必要です。

    ダウンロードはこちらから。

  • ●メディアスビューアで表示できるのは、マイピクチャとiモーション/ムービーの「iモード」、「カメラ」、「ユーザ作成フォルダ」、「シークレットフォルダ」、「自動お預かり」、「アップロード済み画像」、microSD™の「ピクチャ」、「iモーション/ムービー」に保存されているJPEG形式の画像と3GP形式のiモーションです。
  • ●メディアスビューアでは、撮影時の画像の向きによって、マイピクチャで表示するときとは画像の向きが異なって表示される場合があります。

このページのトップへ

は、N-06Aとの比較です。





ページの終わりです。 本文の先頭に戻る ページの先頭に戻る

ページの終わりです。 本文の先頭に戻る ページの先頭に戻る