ページの先頭です。

本文へジャンプする

NEC

NEC 携帯電話



ここから本文です。

Wi-Fi

Wi-Fiを使ってみよう!

ケータイで高速インターネットを楽しむ![UP]

■クライアントモード(子機)
Wi-Fiとは、ご自宅のブロードバンド回線や外出先の公衆無線LANを利用する、高速無線LAN通信。送信も受信もブロードバンドならではの高速通信を楽しめます。

クライアントモード(子機)の画像

ケータイでWi-Fi機器をインターネットに接続する!

アクセスポイントモード(親機)の画像
■アクセスポイントモード(親機)
アクセスポイントモード搭載のケータイなら、ケータイを無線LANのアクセスポイント(親機)とすることで、Wi-Fi対応機器(子機)をインターネットに接続。外出先など、FOMAエリア内ならどこでも楽しめます。
多彩なWi-Fi対応機器を利用できる。携帯ゲーム機で通信対戦もOK!

かんたんWi-Fi

クライアントモードで高速インターネット[UP]

N-02CはWi-Fi対応ケータイ。高速インターネットでサイト閲覧やダウンロードもスピーディに行えます。N-02Cはさらに高速化した「IEEE802.11n」に対応しました。Wi-Fi設定も簡単なので気軽に楽しめます。
●インターネットに接続するには、家庭用無線LAN環境、または公衆無線LANサービスが利用できる環境が必要です。また、屋外での無線LANスポットには、別契約が必要な場合があります。

さらに高速化した「IEEE802.11n」の説明

アクセスポイントモードでWi-Fi対応機器をインターネットに接続

外出先でもN-02Cをアクセスポイント(親機)として、ニンテンドーDSなどのポータブルゲームや、パソコンなどのいろいろなWi-Fi機器(子機)を最大4台までネットにつないで楽しめます。
アクセスポイントモードでWi-Fi対応機器をインターネットに接続の画像
NINTENDO DSロゴ
●ご利用にはN-02C(親機)とFOMAネットワーク間で通信料金がかかります。送受信データの容量が多い場合はパケット通信料が高額になる恐れがありますので、「パケ・ホーダイ ダブル、パケ・ホーダイ シンプル」のご利用をお勧めします。
●アクセスポイントモードをご利用される際の通信は、パケ・ホーダイ、パケ・ホーダイフルの定額対象外です。
●mopera U等の(外部機器を接続した通信を利用するための)プロバイダとのご契約が別途必要となります。
●パケット定額サービスやmopera Uのサービス内容など詳細についてはドコモホームページをご覧ください。
●アクセスポイントモード利用中は、音声通話、SMS、エリアメール以外の通信ができなくなります。受信したiモードメールはiモードメールセンターに保管されます。
●FOMAのエリア内でご利用いただけます。また通信環境やネットワークの混雑状況によってはご利用いただけない場合があります。
●動画ストリーミング等のデータ量の大きな通信では、接続できない場合があります。また、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。
●N-02C(親機)と対応機器(子機)が同じ規格に対応していないと接続できません。N-02CはIEEE802.11b/gに対応していますので、Wi-Fi対応機器(子機)の通信規格をあらかじめご確認ください。
■アクセスポイントモード中でもマルチタスクでいろいろできる    UP
アクセスポイントモード中に、メール作成や画像の閲覧や、電話をかけたり、ワンセグを見たり、音楽を聴くこともできます。
●iモード、iモードメール送受信、赤外線、Bluetoothなど通信が競合する機能は利用できません。

ニンテンドーDSとの接続方法
N-02CとニンテンドーDSとのアクセスポイントモードでの接続の手順をご案内いたします。
ニンテンドーDS・ニンテンドーDS Liteをご利用の方はこちら

ニンテンドーDSi・ニンテンドーDSi LLをご利用の方はこちら

かんたんWi-Fi設定

スタートアップ画面から画面のガイダンスに従って設定すれば簡単にWi-Fi設定ができます。

かんたんWi-Fi設定の画像


N-02CならWi-Fiの設定が簡単です。
詳細はこちらをご覧ください。  >>
設定してみよう!N-02CでWi-Fi

多彩なWi-Fi

メディアスリンク(DLNA)

DLNAロゴ
ホームネットワーク(家庭内LAN)とN-02CのWi-Fi機能を使って、DLNA対応のパソコンなどとワイヤレスで静止画や動画をやりとりすることができます。
●対向機器の機能によっては、使える機能が異なります。また、コンテンツによっては対応していない場合があります。
●メディアスリンクを使用するためには、家庭内無線LAN環境が必要です。
メディアスリンク(DLNA)の説明画像
>> DLNAについての詳細はDLNAのホームページをご覧ください。

■ケーブルもカードリーダーも不要のワイヤレス通信
イメージ画像
Wi-Fiを使ったメディアスリンクだから、ケーブルの接続やカードリーダーが不要。高速ワイヤレス通信で、大容量のデータもすばやく保存できます。
■防水だから、バスルームでインターネットや写真も楽しめる
ワンセグやメールはもちろん、Wi-Fi対応だから、お風呂に入りながら高速インターネットもOK。さらにメディアスリンクを使えば、自宅のパソコン内の写真をケータイで閲覧することもできます。

■動作確認機器一覧
●パソコン
・NEC製 2010年夏モデル・2010年秋冬モデル VALUESTAR、LaVie

※ 上記の対象機種で、N-02Cのメディアスリンクと連携し、動画のダウンロード、アップロード機能をご利用になる場合は、搭載されている「ホームネットワークプレーヤー powered by DiXiM」および「ホームネットワークサーバー powered by DiXiM」をバージョンアップする必要があります。

>> LaVie/VALUESTARのDLNA対応情報はこちらの『接続確認済機器一覧』をご覧ください。

●ソフトウェア
・Windows 7 (Windows Media Player 12)

●ゲーム機
・PlayStation®3

※ この内容は弊社にて特定の環境で基本動作や接続動作を確認したものであり、すべての環境で機能・性能・信頼性を保証するものではありません。
※ 対向機器の機能によっては、使える機能が異なります。
※ コンテンツによっては対応していない場合があります。

カンタンデータ転送

カンタンデータ転送の画像
パソコン上でQRコードを表示する専用ソフトを起動し、ケータイでQRコードを読み取ることで、ケータイ内に保存した静止画や動画などを簡単にパソコンに転送することができます。
カンタンデータ転送の説明画像
●データ転送の対象コンテンツは、静止画と動画(セキュリティ設定なしのもの)です。
●パソコンの対応OSは、Windows XP SP3、Windows Vista SP1、Windows 7です。
●専用ソフトは本WEBサイトにて提供中です。

●専用ソフトのダウンロードはこちらから
>>カンタンデータ転送 ダウンロードページへ

ついっぷるフォトの説明画像

インターホン連携

来客時のインターホン呼出に家のどこにいても顔を見ながら応答できます。家族の帰宅時はそのまま携帯電話から玄関を解錠できてとても便利です。
●携帯電話との連携便機能を搭載したインターホンをご利用の方を対象とした機能です。対応の有無や、機能詳細については、ご利用のインターホン機器の取扱説明書をご覧ください。
●外出時にインターホン呼び出しがあった場合は、応答ができません。


NEWUPはN-04Bとの比較です。

本文はここまでです。 本文の先頭に戻る ページの先頭に戻る




ページの終わりです。 本文の先頭に戻る ページの先頭に戻る