ページの先頭です。

本文へジャンプする

NEC

NEC 携帯電話



ここから本文です。

N-03B_防水の画像

防水

防水

Nシリーズ初の防水ケータイ。毎日のなかでケータイを使う楽しみがぐっと広がります。

N-03B_防水の画像 濡れた手でレシピをチェックしてもOK!ゆっくり半身浴をしながらワンセグをみてもOK!移動中、急に雨が降っても大丈夫。あやまってグラスの水をこぼしても大丈夫。

IPX等級

IPX5等級
内径6.3mmの注水ノズルを使用し、約3mの距離から12.5L/分の水を最低3分間注水する条件であらゆる方向から噴流を当てても、電話機としての機能を有することを意味します。

IPX7等級
常温で水道水、かつ静水の水深1mのところに携帯電話を沈め、約30分間放置後に取り出したときに電話機としての機能を有することを意味します。

卓上ホルダ

卓上ホルダ
キャップをはずさなくても充電できる卓上ホルダを標準添付。キャップの閉め忘れ防止にホルダ充電をお勧めします。

※ホルダは防水非対応です。

防水機能に関する注意点

○ご使用前に、外部接続端子キャップ、リアカバーをしっかり閉じ、完全に装着している状態にしてください。微細なゴミ(微細な繊維、髪の毛、砂など)がわずかにでも挟まると浸水の原因となります。
○リアカバーのレバーがLOCK位置にあることを確認してから使用してください。
○雨の中で傘をささずに、通話、ワンセグ視聴ができます(1時間の雨量が20mm程度)。
○手が濡れているときやFOMA端末端末に水滴がついているときは、リアカバーの取り付け/取り外し、外部接続端子キャップの開閉はしないでください。
○水中でFOMA端末を使用しないでください。
 ※お風呂の水(温泉、せっけん、入浴剤の入った水など)、海水、プールの水などは絶対に浸けないでください。
 ※風呂場での長時間のご使用はお避けください。
○洗面器などに張った常温の水道水につけて、静かに振り洗いをしたり、蛇口から弱めに流れる水道水を当てながら手で洗うことができます。
 ※リアカバーをシッカリ取り付けてロックした状態で、外部接続端子キャップ開かないように押さえたまま洗ってください。
 ※洗うときは、ブラシやスポンジ、せっけん、洗剤などは使用しないでください。
 ※送話口や受話口、スピーカに蛇口の水を直接当てないでください。
○水に濡れた後は、乾いた布などで拭きとってください。水に濡れたときの水抜き方法は、取扱説明書をご覧ください。
○卓上ホルダN25を使用して、充電することをおすすめします。外部接続端子キャップの閉め忘れによる浸水を防ぎます。
○付属品、オプション品は防水性能を有しておりません。FOMA端末が濡れている状態では絶対に充電しないでください。
○防水性能を維持するため、以上の有無にかかわらず必ず2年に1回、部品の交換が必要となります(有料)。

重要事項

○外部接続端子キャップまたはリアカバーが開いている状態で水などの液体がかかった場合、内部に液体が入り、感電や故障の原因となります。そのまま使用せずに電源を切り、電池パックを外した状態でドコモ指定の故障取扱窓口へご連絡ください。
○外部接続端子キャップ、リアカバーのゴムパッキンは防水性能を維持する上で重要な役割を担っています。はがしたり傷つけたりしないでください。また、ゴミが付着しないようにしてください。
外部接続端子キャップ、リアカバーのゴムパッキンが傷ついたり、変形した場合は、ドコモ指定の故障取扱窓口にてお取り替えください。
○外部接続端子キャップやリアカバーのすきまに、先の尖ったものを差し込まないでください。ゴムパッキンが傷つき、浸水の原因となることがあります。
○リアカバーが破損した場合は、リアカバーを交換してください。破損箇所から内部に水が入り、感電や電池の腐食などの故障の原因となります。
○水滴が付着したまま放置しないでください。寒冷地では凍結し、故障の原因となります。
○結露防止のため、寒い場所から風呂場などへはFOMA端末が常温になってから持ち込んでください。
○規定以上の強い水流(たとえば、蛇口やシャワーから肌に当てて痛みを感じるほどの強さの水流)を直接当てないでください。N-03BはIPX5等級の防水性能を有しておりますが、故障の原因となります。
○洗濯機などで洗わないでください。
○付属品、オプション品は防水性能を有しておりません。付属の卓上ホルダにFOMA端末を差し込んだ状態でワンセグ視聴などをする場合、ACアダプタを接続していない状態でも、風呂場、シャワー室、台所、洗面所などの水周りでは使用しないでください。
○熱湯に浸けたり、サウナで使用したり、温風(ドライヤーなど)を当てたりしないでください。
○砂浜などの上に直接置かないでください。
 ※送話口、受話口、スピーカ部の穴などに砂が入り、音が小さくなる恐れがあります。
 ※水滴や砂などが付着したままご使用になると、音が割れる場合があります。
 ※外部接続端子キャップ、リアカバーに砂などがわずかでも挟まると浸水の原因となります。
○送話口、受話口、スピーカなどを綿棒や尖ったものでつつかないでください。防水性能が損なわれることがあります。
○濡れたまま放置しないでください。電源端子がショートする恐れがあります。
○FOMA端末は水に浮きません。
○落下させないでください。傷の発生などにより防水性能の劣化を招くことがあります。
○送話口、受話口、スピーカに水滴を残さないでください。水滴が付着していると受話音やメロディ音などが小さくなり、音質が悪くなる場合があります。このような場合は、水抜きを行うことで元に戻ります。
○実際の使用にあたって、すべての状況での動作を保証するものではありません。また、調査の結果、お客様のお取り扱いの不備による故障と判明した場合、保証の対象外となります。

は、N-08Aとの比較です。

本文はここまでです。 本文の先頭に戻る ページの先頭に戻る




ページの終わりです。 本文の先頭に戻る ページの先頭に戻る