ページの先頭です。

本文へジャンプする

NEC

NEC 携帯電話



ここから本文です。

改善ポイント

改善ポイント

既存機種(N-01A~N-03B)に対して、お客様からいただいたご要望・ご指摘に対して、以下の改善を行ないました。
外観・ハードウェア
防水・防塵(ぼうじん)に対応して欲しい。
防水(IPX5/IPX7)・防塵(ぼうじん)(IP5X)に対応しました。
バッテリー
電池の持ちを改善して欲しい。
大容量1,010mAhのバッテリーを搭載することで、連続待受時間800時間を実現しました。
カメラ
カメラの一発起動ボタンがほしい。
ソフトキー右上にカメラ専用キーを配置しました。カメラマークを印字しています。
瞬撮カメラ®をもっと便利に使いたい。
クイックショット時に手ブレ補正にも対応しましたので、手軽にキレイな写真を撮ることができます。
手ブレ補正を強化して欲しい。
手ブレ、被写体ブレに高感度ブレを加えた強力ブレ補正に対応しました。
カメラの操作画面をもっとわかりやすく、使いやすくして欲しい。
カメラの操作性を改善し、より使いやすく整理しました。
撮影サイズ選択時にサイズ表記が000×000ではどんなサイズなのか分かりにくい。
画像サイズ選択の一覧表示をドットではなく「5M」や「8M」などの表示にしました。
メール
メール作成のレスポンスを速くして欲しい。
画面切り替えや文字入力が速いさくさくメールに対応しました。
長文メールを1画面でたくさん表示したいので、小さいフォントが欲しい。
メール閲覧文字を極小(24ドット)よりもさらに小さく表示できるよう、20ドット(超小)、16ドット(最小)のフォントサイズを追加しました。
メールの自動振り分け設定はメール一覧から設定したい。
受信メール一覧表示からメール振り分け設定ができるようになりました。振り分け先フォルダも設定時に作成できるので便利です。
新規メールのショートカット(メールボタン2回押し)が分かりにくい。
メールボタンが「新規メール作成」に対応していることが分かるように画面の記載を変更しました。
予約メール機能を搭載して欲しい。
指定した日時に自動でメールを送信するメール送信予約機能を搭載しました。
メール送信時に電波が圏外で送信できなかったメールを、圏内になると自動で送信してくれる機能が欲しい。
圏外で送信できなかったメールを、電波が圏内に復帰すると自動で送信する機能を搭載しました。
送信先を5件以上選べるようにして欲しい。
50件まで選択できるようになりました。
複数の相手にメール送信する際、ToやBccの宛先タイプの変更が不便。
ワンボタンで宛先タイプを変更できるようになりました。
受信メール内のフォルダで、自動振り分け設定に「電話帳に登録されていないアドレス」という設定を作って欲しい。
「電話帳登録なし」が設定可能になりました。
デコメ®
友達のメールやサイトなどから、デコメ絵文字®をダウンロードして保存する際に、同じものが入ってしまう時があり、整理するのが面倒。
デコメ絵文字®を保存する際に、保存先に重複がないかどうか自動的にチェックできるようになりました。
変換候補にデコメ絵文字®が表示されるのは便利だが、ダウンロードしたものが表示されない。
ダウンロードしたデコメ絵文字®でも読み仮名を登録すれば、変換候補の表示ができるようになりました。
デコメ絵文字®をたくさんダウンロードするので、保存するときに直接microSD™に保存したい。
デコメ絵文字®を本体だけでなくmicroSD™にも直接保存できるようになりました。
メール作成時にmicroSD™に保存してあるデコメ絵文字®も本体にコピーすることなく使いたい。
メール編集時にmicroSD™内のデコメ絵文字®も直接利用できます。
デコメ絵文字®を自分で作成したフォルダで管理したい。また、フォルダ表示順を並び替えて使いやすくしたい。
データBOX内のデコメ絵文字®のフォルダを追加/削除できるようになりました。また、フォルダの並び替えができるようになりました。
デコメ絵文字®をたくさん保存しているので、自分が使いやすいように並び替えたい。
データBOX内のデコメ絵文字®の並び替えができるようになりました。
受信メールに挿入されているデコメ絵文字®を好きなものだけ保存したい。
好きなデコメ®だけを選択して保存できるようになりました。
デコメ®を選ぶ時に「次へ」のようなページ送りキーが欲しい(サイドキーでは操作しにくい)
正面のキーでページ送り操作ができるようになりました。
誰からの不在着信や新着メールかアイコンで分かると便利。
特定の人からの通知アイコンを好きなデコメ絵文字®に変更できるようになりました。
文字入力
文字変換候補に目的の言葉が出てこないので、文字変換を賢くして欲しい。
文字変換エンジンの強化をし、また内蔵の文字変換辞書を大幅に増やすことで賢くなりました。
文字入力中にも文字サイズを変更したい。
文字入力中にサブメニュー→入力設定→文字サイズで変更可能になりました。
絵文字を履歴から選択すると、カーソルが先頭に移ってしまい、同じ絵文字を入力する際に不便。
絵文字を履歴から入力時、先頭にカーソルが移動せずに元の場所にあるようになりました。特定の絵文字を連続入力する際に便利です。
電話帳へのアドレス登録やメールの宛先入力などで他キャリアのメールアドレスを入れるのが面倒。
下記に対応し、入力時のわずらわしさを軽減しました。

@ezweb.ne.jp
@softbank.ne.jp
@willcom.com
@emnet.ne.jp
@disney.ne.jp
文字編集中に今入力している文字を定型文として登録したい。
文字編集中に定型文の登録が可能になりました。
辞書を搭載して欲しい。
国語辞典/和英辞典/英和辞典を搭載しました。
予測変換候補の表示を増やして欲しい
文字入力中の予測変換候補の枠を、8行に増やしました。
電話帳
電話番号やメールアドレスをひとつの名前に登録できる件数を増やして欲しい。
電話番号、メールアドレス共に5件ずつ登録できるようになりました。
電話帳で検索する際、入力のたびごとに候補を表示して欲しい。
入力のたびごとに即座に候補を表示させるインクリメンタルサーチに対応しました。
電話番号やメールアドレスを交換するときに、送信はすぐにできるが、受信するときには一旦メニューに戻らないといけないのが不便。
マイプロフィールからアドレス「送信」「受信」の両方が可能になりましたので、すばやくアドレスの交換ができます。
音響
スピーカーからも良い音で音楽が聴きたい。
最新の映画館や高級オーディオで採用されている「Audyssey(オーディシー)」の新音響技術を搭載し、スピーカーからの音質を改善しました。
イヤホンで聴いている時も良い音で音楽を聴きたい。
実績のあるドルビーモバイルを搭載しました。
セキュリティ
シークレットフォルダの中でメールの自動振り分けに対応して欲しい。
ユーザー追加のフォルダをシークレット設定することができるようになりました。さらに、シークレット設定したフォルダに対して、自動振り分け設定ができますので、メールを受信してすぐにシークレット設定したフォルダに保存することができます(※従来のシークレットフォルダはなくなりました)。
シークレットモード中に入力した文字が通常モードの学習履歴で表示されると困る。
シークレットモード、シークレット専用モードのときに入力した文字は、予測候補に登録されません。
シークレットモードの人からの発着信履歴はシークレットモードに入らないと見られないようにして欲しい。
シークレット設定の相手からの発着信履歴はシークレットモードに入らないと見えなくなりました。
ICカード利用時にロックを解除しても、一定時間経過したら自動でロックされるようにして欲しい。
ICカードロック設定に、オートロック設定を追加しました。設定した時間が経過すると自動的にロックしますので、ロックのかけ忘れの心配がありません。
その他
どんな機能を使っているときでも、検索サイトですぐにキーワード検索できるようにして欲しい。
MULTIキーからクイック検索を起動できるようになりました。
プリインストールするフォントの数を増やして欲しい。また、フォントの種類が少ないと飽きるので、ダウンロードして使いたい。
AXISフォント/FA丸ゴシック/FA明朝の3種類のフォントをプリインストールしています。また、文字フォントのダウンロードに対応しました。「みんなNらんど」からのダウンロードが可能です。
よく使う機能はワンボタンで起動したい。
好きな機能を一発起動できるクイックボタンを搭載しました。設定すれば、ワンボタンで機能を起動することができます。
パソコン内の静止画、動画、ドキュメントファイルをmicroSD™に転送するときに、microSD™のどこに置けばいいのか分からない。
microSD™内の「PRIVATE/NEC/IMPORT」にファイルをコピーし、ケータイ側でインポート操作をすることで、わずらわしいリネーム作業や格納場所を調べることなく、自動で適切な場所にファイルを保存し、ケータイで閲覧することができるようになりました。
ecoモードに設定すると、内蔵の待受画像になってしまい、自分で設定した待受にならない。
ecoモード設定中でも、待受画面は変わらないような仕様に変更いたしました。
i-modeサイト閲覧時にもメールの時のように3行、5行のスクロール設定ができるようにして欲しいです。
対応致しました。
ブラウザのスクロールをサイドボタンではなく、ソフトキーでスクロールできるようにして欲しい。
通話ボタンを押すと、ソフトキーでもスクロールできるようになります。

このページのトップへ


本文はここまでです。 本文の先頭に戻る ページの先頭に戻る




ページの終わりです。 本文の先頭に戻る ページの先頭に戻る