TOP > これだけは知っておこう > カレンダー/スケジュール

MEDIASを使用するにあたっての基本的な操作や仕組みをご紹介いたします。
 
 文字入力方法    電話帳の移行    メール
 インターネット  電話をかける  電話を受ける
 赤外線で連絡先を送信する  赤外線で連絡先を受信する  音(着信、通知などの設定)
 壁紙を変更する  アラーム  カレンダー/スケジュール
 ユーザーデータの確認方法  microSDカードについて  
「文字入力方法」を動画でご紹介します。


MEDIASでは「カレンダー」を使ってスケジュールを登録することができます。Googleアカウントをお持ちでカレンダーと同期していれば、パソコンからもGoogleカレンダーを使ってスケジュールの確認や登録、削除をすることができます。
 
 

Googleカレンダーと「カレンダー」を同期させるには、まずホーム画面でメニューボタンを押して、「設定」をタップしてください。
 
「設定」→「アカウントと同期」と
タップします。

カレンダーを自動で同期させるには「アカウントと同期の設定」の「自動同期」の右側にチェックが入っている必要があります。

ここにチェックが入ってない場合はタップして自動同期をオンにします。
 
カレンダーを同期させたいGoogleアカウントをタップします。

「データと同期」画面で「カレンダーを同期」の右のチェックボックスにチェックを入れます。
 
以上でGoogleカレンダーの同期設定が完了しました。
>>このページのTOPへ
 

スケジュールの登録や確認はアプリ「カレンダー」を使って行います。

カレンダーを起動するには、ホーム画面の下部のアプリケーション画面ボタンをタップします。
 
アプリケーション画面から「カレンダー」をタップします。
 
カレンダーが起動しました。      
>>このページのTOPへ
 

カレンダーにスケジュールを新規で登録するには、カレンダーを起動し、スケジュールを登録したい日をロングタッチします。
 
メニューから「予定を作成」をタップします。

画面に従い、各項目を入力、設定を行います。
 
「完了」ボタンをタップすると予定が追加されます。
・タイトル
 →予定のタイトルです

・開始
 →予定の開始日時です

・終了
 →予定の終了日時です

・終日(チェックボックス)
 →ここにチェックが入っていると開始時間と終了日時が無効になり、予定が終日として登録されます。

・場所
 →その予定が実行される場所です

・内容
 →予定の詳細です

・カレンダー
 →同期しているGoogleカレンダーのなかから、どのアカウントのカレンダーに入力するかを選択します。

・ゲスト
 →ほかの人にもこの予定の通知をおこないたい場合、そのメールアドレスを登録します。

・繰り返し
 →予定を繰り返しして登録したい場合は、ここから繰り返し方法を選択します。

・通知
 →予定が開始されるどれくらい前に通知が行われるかを設定します。たとえば10分を選択した場合、10分前にステータスバーに通知が表示されます。

・通知を追加
 →+ボタンを押すと、複数回通知を行うことができます。
>>このページのTOPへ

 文字入力方法    電話帳の移行    メール
 インターネット  電話をかける  電話を受ける
 赤外線で連絡先を送信する  赤外線で連絡先を受信する  音(着信、通知などの設定)
 壁紙を変更する  アラーム  カレンダー/スケジュール
 ユーザーデータの確認方法  microSDカードについて  
 
PART1 基本的な操作PART2 これだけは知っておこうPART3 ホーム画面PART4 メール
PART5 インターネットの使い方PART6 アプリの探し方PART7 電話の使い方PART8 カメラの使い方
PART9 SNSの使い方PART10 電池の持ちをよくするためにPART11 ロック解除の種類PART12 その他の機能
 
Copyright © NEC Corporation. All rights reserved.