MEDIAS WPの電源を初めて入れたときは、言語や各種アカウントの設定が必要です。
基本的な設定は画面の表示に従い、以下の流れで行います。ここでの設定は後から変更することもできます。
 

まずは利用する言語を選択します。ここでは日本語を選択します。
 
言語選択後、「ようこそ」の画面が表示されたら、「次へ」をタップします。

続けてGoogleアカウントを設定します。「設定」をタップします。ここでGoogleアカウントを設定しない場合は、「次へ」をタップします。

※Googleアカウントを設定することで、GmailやGoogleカレンダーなど、様々な機能やサービスを利用することができます。
 
「Googleアカウントを追加」画面が表示されたら、「次へ」をタップします。

Googleアカウントをお持ちでない場合は「作成」をタップし、新規作成を行います。
すでにGoogleアカウントをお持ちの場合は「ログイン」をタップし、Googleアカウントのユーザー名とパスワードを入力し、ログインします。
 
【お持ちのGoogleアカウントでログインする場合】
ユーザー名(Gmailアドレス)とパスワードを入力し、「ログイン」をタップします。そうすると、「データのバックアップ」画面が表示されます。

※「@gmail.com」は省略することができます。

【Googleアカウントを新規作成する場合】
名、姓、希望するユーザー名を入力し、「次へ」をタップします。

※ここで入力したユーザー名の後ろに「@gmail.com」が付いたものがGmailアドレスとなります。
 
設定する任意のパスワードを入力します。上下2か所の入力エリアに同じもの文字列を入力し、「次へ」をタップします。

セキュリティ保護用の質問の選択とその答え、予備のメールアドレスを入力し、「作成」をタップします。予備のメールアドレスは今回取得するGmailアドレス以外のものを登録します。
 
Google利用規約をご確認いただき、同意される場合は「同意して次へ」をタップします。

画像に表示されているものと同じ文字を入力して「次へ」をタップします。
 
Googleアカウントの作成またはログインを行った後、「データのバックアップ」画面が表示されます。Googleや サードパーティのアプリケーションの設定やその他のデータ(ブックマークやWi-Fiパスワード)をGoogleサーバにバックアップする場合は、チェッ クボックスをタップしてチェックを入れて、「次へ」をタップします。

以上でGoogleアカウントの登録が完了しましたので、「次へ」をタップします。
 
Googleの位置情報サービスを利用するかどうかを設定します。利用する場合は、チェックボックスをタップしてチェックを入れて下さい。

サービスの利用について、「同意する」をタップしてから「次へ」をタップしてください。
 
「次へ」をタップします。

GPS(位置情報)機能を利用するかどうかを設定します。利用する場合は、チェックボックスをタップして、チェックを入れて下さい。
 
サービスの利用について、「同意する」をタップしてから「次へ」をタップしてください。

「次へ」をタップします。
 
おサイフケータイの設定をします。利用する場合は、「設定する」をタップし、おサイフケータイの初期設定を行ってください。
※初期設定の際に通信が発生します。

ソフトウェアの更新についての説明画面です。「次へ」をタップします。
 
最後にメーカーサイト「MEDIAS NAVI」の紹介画面が表示されたら、「今すぐサイトを見る」または「完了」をタップします。
>>このページのTOPへ